• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

大隅さん会見「ノーベル賞には格別の重さ感じる」



大隅さん会見「ノーベル賞no3


ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんは、3日午

後8時過ぎから東京都目黒区の同大で記者会見を開いた。

記者会見の冒頭、大隅さんは「本日夕刻に受賞のお知らせをいただいた。研究者としてこ

のうえなく栄誉なこと。ノーベル賞には格別の重さを感じている」と喜びを語った。

続けて「私は人がやらないことをやろうという興味から、酵母の液胞の研究を始めた。


酵母が飢餓に陥ると自分自身のたんぱく質の分解を始める。

光学顕微鏡でとらえることができたというのが私の研究の出発点。オートファジーは、私

が研究を始めたときに必ずがんにつながるとか、寿命の問題につながると確信していたけ

ではない。基礎的な研究はそういう風に展開していくものだと理解してもらいたい」と語

った。

記者会見での主なやりとりは次の通り。


――人がやらないことをやるという考え方のきっかけは何ですか。

みんながよってたかってやるのもサイエンスのひとつだけれど、誰もやっていないことを

見つけた方が、楽しい。

液胞というみんながごみだめだと思っていたことからスタートし、たんぱく分解というま

だみなさんが興味がなかったところから始められた。


――基礎研究の大切さをどう考えていますか。

すべての人が成功するわけではないけれど、それがサイエンスのあり方。

基礎研究を見守ってくれる社会になってくれたらうれしい。


――ノーベル賞はどう格別なのですか。

インパクトがある賞だと自覚している。

私のような基礎的な研究者も運がよければそういう機会に恵まれると、若い人に知っても

らえたらうれしい。


――オートファジーが賞につながると確信していたわけではないというのは、どういう意

味ですか。

科学というのはゴールはない。次から次に疑問がわいていくる。

酵母にたくさんのことを問いかけて、オートファジーの理解につながってくれたらいいな

と思っていた。


――今後どんな研究に取り組みたいですか。

酵母の研究がまだ先導できることがあるんじゃないかと思っている。もう少し定量的に、

実際、本当に何がオートファジーで壊れて、代謝みたいなものにどう影響するのか、集中

して解決してみたい。


――オートファジーを知らない人に説明してもらえませんか。

私たちは毎日、70~80グラムのたんぱく質を食べているが、たんぱく質を分解してア

ミノ酸という原料にしている。

私たちの体内では300グラムくらいのたんぱく質が作られている。


どこから来るかというと、私たちの体内ではたんぱく質が壊れてアミノ酸になって再利用

されているよということ。

例えば、海で遭難した。1週間、水だけで生きた。たんぱく質合成を止めているわけでは

ない。

たんぱく質を分解しながら再利用するシステムなんだ。たんぱく質を食べて、再利用して

いる。作っては壊し、作っては壊しを繰り返して、生物はある。


――大隅先生と言えば、立派なひげが印象的でトレードマーク。

ひげへのこだわりはありますか。

外国に留学したときに若造に見られたくないということでひげを生やした。


――子どもたちにメッセージをお願いします。

今、なかなか自分の興味を伸ばすことが難しい時代になっている。

「あれっ」と思うことが世の中にはたくさんある。そういうことの続きを大事にしてほし

い。わかっているような気分になっているが、何もわかっていないことが世の中にはたく

さんある。

「えっ。何で」ということを大事にする人たち、子どもたちが増えてほしい。


――奥様やご家族への感謝の言葉を改めて教えてください。

妻も実は、私と一緒に研究していた仲間だった。

色々なことを甘えてきた。

そういう意味では(私は)いい家庭人ではなかったかもしれないが、それにもかかわらず

支えてくれたことに感謝というか、ありがたいことだと思っている。


――奥様に報告した際はどんな言葉をかけられましたか。

「ええっ」ていうのが本当のところ。

「本当」という言葉しかなかった。


――ノーベル賞は子どもの頃の憧れだったということでしたが。

子どもが研究者になりたいと思ったときの、ひとつの憧れとしてあったということ。
小さい時から研究者に憧れていて、その一番先にノーベル賞があったということ。

ただ、実際に研究をスタートさせてからは、これがノーベル賞につながるとは思ったこと

はほとんどなかった。

それが私の励みになって、ということもなかったと思う。


――研究者の原点、故郷にはどんな思いがありますか。

福岡高校は、毎年20~30人くらい集まっているみたいで、毎年申し訳ないなと思って

いた。

肩の荷がおりた。


――オートファジー研究の発展。若手の研究者にメッセージをお願いします。

オートファジーが色々ながん細胞にかかわっているとか、アルツハイマーなどの疾病とか

らんでいるのではないかと報告されています。

でも、オートファジーが原因でこんな病気になったという因果関係がわかったという
のは、まだないと思う。

分解がどんな局面で何をしているかは、これからの医療、健康維持を含めて、まだたくさ

んの課題があるのではないか。


――くじけそうな若い人に、どんな声をかけますか。

自分が何に興味があるのかということをよく考えてみてほしい。

論文の中のひとつの遺伝子に注目しているだけでは大きな問題は解けない。

私は自分で現象を見つけたところからスタートしていて、いつもそこへ帰る。

いったい何が起こっているのだろうと、帰れる現象を持っていたことがどんなことがあっ

ても続けられたモチベーションじゃないかと思う。


――これからやりたいことはありますか。

豪邸に住みたいとも思わないし、外車に乗りたいわけでもない。

できるだけ役に立つことができればいいなと思っている。

今は研究費も多額の費用を要するようになっていて、若い人たちをサポートするシステム

ができないか。

社会的意義があるとすれば、そういうことがやりやすくなって、私が生きている間に一歩

が踏み出せればいいなと思う。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。