• 2018_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_05

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

【スゴ技ニッポン】 あの手この手で包装用段ボールの使用量削減 キリン

地味な技術に見えて実用化の道は平坦ではなかった! あの手この手で包装用段ボールの使用量削減 キリン

キリングループの国内飲料事業を管理するキリンが缶ビールやペットボトル飲料向け包装用段ボール(カートン)の省資源化に取り組んでいる。

カートンの四隅を切り落としたり、段ボールの芯の紙を薄くするといった新たな技術を導入し、紙の使用量削減に着実に貢献している。

地味な技術に見えるが、実用化の道は決して平坦ではなかった。

                 ◇

環境保全機運の高まりを受け、キリンは2002年以降、カートンの軽量化を進めてきた。

同社では同じ厚みのものでも角が多いと荷重に対し、強くなる特性に着目。

04年にはカートンの四隅を切り落として、側面を8面構造にして強度を確保したカートン「コーナーカットカートン」を導入。

段ボールの芯の紙を薄くしても荷重に耐えられるようになり、350ミリリットル缶用カートンでは紙の使用量が約10%削減したという。

しかし、この技術にも限界があった。段ボールの芯の紙をさらに薄くすると、倉庫などでの保管時に上から荷重がかかった際、強度不足でカートンが変形したりするトラブルが想定された。

カートンのさらなる軽量化を実現するには、さらなる改良が求められていた。



キリングループで包装容器の開発を担うキリンパッケージング技術研究所で約4年の開発期間を経て、実用化にこぎつけたのが「スマートカットカートン」だ。

新カートンは「コーナーカットカートン」の技術をベースに、段ボールシートメーカーの王子コンテナー(東京都中央区)と共同で開発し、15年9月に導入した。

カートンの四隅に加え、長側面上部の角(2辺)も切り落としたのが特徴。

紙の使用量はコーナーカットカートンと比べて約16%削減したにもかかわらず、強度は維持した。

もっとも、実用化への道のりは決して平坦ではなかった。

とくに、カートンの素材となる紙は湿度が高いと柔らかくなり、反対に低いと硬くなる特性がある。

とくに梅雨時期といった多湿期になるとカートンの側面が変形しやすくなるという課題があった。

スマートカットカートンを開発した同研究所の會田裕佑氏は、「ミシン目の寸法や内寸法を見直すなどの改良でこうした課題を克服した」という。

新カートン導入による、環境負荷低減効果は紙の使用量削減にとどまらない。

段ボール製造時などに排出する二酸化炭素(CO2)を年間2000トン削減できるという。


現在、新カートンを導入している商品は主力のビール「一番搾り」や第3のビール「のどごし生」、発泡酒「淡麗」などのビール類の一部商品にとどまっている。

今後、缶チューハイの「氷結」や「本搾り」といった低アルコール飲料(RTD)商品などにも広げる予定で、さらなるCO2削減に期待が持てそうだ。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。