FC2ブログ
  • 2018_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_10

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

<将棋>14歳のプロ棋士誕生 最年少記録62年ぶり更新

将棋の第59回奨励会三段リーグ戦が3日、東京都渋谷区の東京将棋会館で最終日を迎え、上位2人に入った大橋貴洸(たかひろ)三段(23)と藤井聡太(そうた)三段(14)がプロ棋士となる四段昇段(10月1日付)を決めた。

藤井新四段は昇段時、14歳2カ月の中学2年で、これまで最年少記録だった加藤一二三九段(76)の14歳7カ月を62年ぶりに更新した。

中学生で昇段を決めたいわゆる中学生棋士は、加藤九段のほか、谷川浩司九段(54)、羽生善治王位(45)、渡辺明竜王(32)で、藤井新四段は史上5人目になる。

藤井新四段は愛知県瀬戸市在住。

5歳で将棋を覚え、2012年に杉本昌隆七段門下で関西奨励会に6級で入った。

以降昇級昇段を続け、昨年10月に13歳2カ月の史上最年少で三段に昇段。

今期から三段リーグに参加していた。

現行の三段リーグを1期で抜けたのは、第1回の2人を除くと史上6人目。

藤井新四段は10月以降、公式戦に出場する。

名人戦につながる順位戦は、来年開幕の第76期からC級2組に参加する。【山村英樹】
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。