• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

迫る「多死社会」 最期をどう迎えるか

迫る「多死社会」 最期をどう迎えるか

水原:「多死社会」という言葉をご存じでしょうか。

日本はいま、死亡する人が多くなり、人口が少なくなっていく社会を迎えようとしていま

す。


去年、年間の死者が130万人を突破しました。

さらに2039年には、その数が167万人に達する見込みです。

ほかの世代に比べて突出して人口が多い団塊世代が人生の終わりの時期を迎えるため
です。


戦争など特殊な事情を除き、短期間でこれほど死亡者が増えるのは世界的にも珍しい現象

です。

高度成長を支えた団塊世代がもたらす「多死社会」。

人生の最期をどう迎えるかを巡って様々な課題が指摘されています。


この問題を石塚由紀夫・編集委員に聞きます。

亡くなる人が急増する多死社会ではどんな課題が考えられるのでしょうか?

石塚由紀夫・編集委員に聞く

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO06210400Y6A810C1000000/

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。