FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

米携帯電話「第三極」なるか=ソフトバンク、台風の目に

米で新規雇用8千人=ソフトバンクno1



米携帯電話「第三極」なるか=ソフトバンク、台風の目に



【ニューヨーク時事】米携帯電話業界に、新たな再編の兆しが出てきた。

トランプ次期政権が掲げる規制緩和への期待から、下位2社の間でかつて立ち消えとなった合併話が再浮上。


当時、合併によって上位2強に対抗できる「第三極」づくりを目指したソフトバンクグループの孫正義社長が、再び台風の目となりそうだ。

「規制が緩和され、いろいろなチャンスが出てくるだろう」。


2016年12月、ニューヨークでトランプ次期大統領との面会を終えた孫社長は、新政権の経済政策に期待を示した。

米国への巨額投資と雇用創出という「手土産」を持参した孫社長をトランプ氏は歓迎。


14年に断念した子会社の業界4位スプリントと3位TモバイルUSとの合併に向けた地ならしとの観測が一気に広がった。

さらに、市場の寡占化を懸念し、両社の合併に強く反対した米連邦通信委員会(FCC)のウィーラー委員長が、新政権が発足する1月20日付での退任を発表。


後任は未定だが、トランプ氏の規制緩和路線を体現する人物が就けば、合併には追い風となる。

一方、合併観測の高まりをよそに「少し熱を冷ました方がいい」(米アナリスト)と実現に慎重な声もある。


Tモバイルの企業価値が以前より増していることに加え、英半導体設計大手を買収したばかりのソフトバンクには債務負担が重くのしかかっているからだ。

だが、孫社長はかつて、米業界を中国の三国志に例え「健全な競争のためには三つどもえで戦う方がいい」と持論を展開。

政権交代を機に「次の一手」を繰り出すとの見方は根強い。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000025-jij-n_ame



孫社長、攻守に奔走=成長と財務強化-巨額投資、要人会談・ソフトバンク




ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年、世界を精力的に動き回った。

6月に社長続投を宣言した直後、日本企業として過去最大となる3兆3000億円で英国企業を買収すると発表。


10月にはサウジアラビア政府系ファンドとの10兆円規模の投資ファンド設立を
公表し、海外要人とも相次ぎ会談した。

神出鬼没だった孫氏の行動には次の時代をにらんだ攻めの意欲と同時に、守りを固めたいという思いも強くにじんだ。


◇IoTで布石

ソフトバンクGは年前半、資産売却による財務基盤の強化を進めていた。

ムードが変わったのは6月だ。

孫氏は「やり残したことがあり、欲が出た」と社長続投を表明し、14年に米グーグルから招いたインド出身のニケシュ・アローラ氏に社長職を禅譲する考えを撤回した。


巨額報酬で迎えた意中の人と決別したのはなぜか。関係者には臆測が広がった。

その答えの一つが7月の英半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスの買収発表だった。


同社は急速な普及が見込まれる「モノのインターネット(IoT)」に欠かせない技術を保有。


孫氏は「IoTが最大のチャンスだ」と次の成長に向けた投資であると強調し、アームが10年先を見越して製品開発を進めていることも魅力だと語った。

孫氏はメイ英首相にも直接会い、「(投資を)歓迎する」との言葉を引き出し、買収手続きを無事完了させた。


◇「気掛かり」な負債孫氏は9月、韓国で4600億円の投資を、10月にはサウジ政府との10兆円ファンド設立を発表した。

12月はトランプ次期米大統領と電撃的に会談し、5兆7000億円の投資などを約束。

その10日後には訪日中のロシア・プーチン大統領と会い、エネルギー分野などへの投資検討の意向を伝えた。

市場はこうした動きを好感し、ソフトバンクGの株価は12月、今年最安値を付けた2月に比べ2倍近い8000円台まで上昇した。


ただ、過去の大型投資で14兆円(9月末)まで膨れ上がった有利子負債に注目する市場関係者は多く、孫氏自身も「気掛かり」と公言する。

孫氏はファンド設立について、自社の借金を増やさずに投資を拡大するための「解」だったと説明。

一方、トランプ氏との会談は不振の米携帯子会社のてこ入れが狙い、との見方で衆目は一致している。


成長と財務強化の二兎(にと)を追った奔走。孫氏の16年はそう捉えることができるのかもしれない。(2016/12/29-16:06)

htp://www.jiji.com/jc/article?k=2016122900423&g=eco




米で新規雇用8千人=ソフトバンク系2社-トランプ氏「マサに感謝」




【ワシントン時事】トランプ次期米大統領は28日、滞在先のフロリダ州で、ソフトバン

クグループ傘下の米携帯電話大手スプリントなど2社が国内で新たに8千人を雇用する計

画を明らかにした。

同グループの孫正義社長らが主導したとして「マサ(孫社長)に感謝する」と述べた。


スプリントは各国から5千人分の雇用を米国に戻し、ソフトバンクが出資を発表したベン

チャー企業ワンウェブが新たに3千人を新規雇用する。

トランプ氏は孫氏を「すばらしい」とたたえる一方で、「外国に奪われた雇用を取り
戻す」公約の実現をアピールした。


孫社長は6日にトランプ氏と面会し、米国の新興企業などに500億ドル(約5兆800

0億円)投資すると表明。

5万人の雇用増につながると強調した。 


ソフトバンクは2013年にスプリントを買収した。

ワンウェブは多数の小型人工衛星を使って地球全体に高速通信サービスを提供する構想を

持っており、ソフトバンクは孫社長とトランプ氏の会談後に10億ドルの出資を発表して

いた。(2016/12/29-10:09)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122900149&g=use

















スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。