FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

アドビが「2ケタ成長」を続けられる根本理由

アドビが「2ケタ成長」no1


アドビが「2ケタ成長」を続けられる根本理由



すさまじい勢いでビジネス環境が変化する中、企業もつねに変革することが求められている。

が、多くは必要に迫られるまで動き出さないし、今あるビジネスをなんとか現状維持できればと十分だと考えている。

下手に変化を起こそうとすれば従業員が混乱するかもしれないし、失敗に終わるかもしれないからだ。

が、米アドビシステムズは違った。

「フォトショップ」や「イラストレーター」など画像加工ソフトで知られる同社が、こうしたソフトのパッケージ販売をやめて、すべてのソフトをクラウドに移行し、サブスクリプション(定額配信)型のビジネスを始めると発表したのは2009年。

同時期にマーケティング企業を買収して、未知の分野にも乗り出した。

移行直後には収益は大きく落ち込んだが、その後の業績は好調そのものだ。

9月末に発表した2016年第3四半期(1~9月)の売上高は前年同期比18%増、営業利益にいたっては60%以上伸びている。

株価を見ても、きれいな右肩上がりが続く。

企業が変わる秘訣は何なのか。変革期を率いてきたシャンタヌ・ナラヤンCEOに聞いた。

■顧客体験がより重要になっている

――近年、顧客のニーズはどのように変化していますか。

コンテンツにはライフサイクルがある。それは、創造から始まって管理、分析、そしてマネタイズとあるわけだが、多くの顧客がこれを一貫してできるようになることを求めている。

多くの業界で「ディスラプション(破壊)」が起こっており、これに対応するためには顧客体験を高めなければならないと感じているからで、それに対応するには(コンテンツ制作とマーケティングに)一貫性が必要となってきている。

顧客がアドビを信頼する理由のひとつは、われわれ自身がデジタルマーケティングを通じて、自らのビジネスを変革してきたことがあるだろう。

顧客はアドビがどうやって変革したのかを知りたいと考えているし、われわれも各企業がどういった課題に直面しているのかを理解しながら、イノベーションを続けられるように支援したいと考えている。

――具体的には、どういったニーズが出ているのですか。

どの企業も顧客体験をよりよくしたいと考えている。

そのうえでの課題はいくつもある。たとえば、その顧客体験は説得力があるか、パーソナル化されているか、そして使い勝手がいいか。

また、どこでも、何を通じてでも、同じ体験をできるかどうか。企業にとっての課題はまず、同じような体験を、チャネルや方法にかかわらず、できるようにすることだろう。


年率20%のペースで成長



集めたデータから何をどうやって読み取るかも重要になってきている。データから何らかの傾向や課題などを発見したとして、それを製品作りやサービスなどにどうやって生かしていくか。顧客企業の多くは、われわれのツールを使うことで、自らの業界で何が本当に起こっているのかに対する理解を深めている。

 また、顧客企業の多くが、事業や企業内の再編成を迫られている。たとえば、銀行の場合、顧客は窓口だろうと、電話だろうと、ネットだろうと、同じサービスを使い、同じ顧客体験ができることを望んでいる。しかし、そういったことを可能にするには、企業はそれぞれの縦割り型組織を壊して、再編しないといけない。

 ――こうしたニーズに対応するには、アドビ自体が変わらなければならなかった。

 アドビの売上高は年率20%のペースで増えており、株価もほぼ右肩上がりで伸びている。その背景には、われわれが常に変化に素早く反応し、進化することを自らに強いていることがある。デジタルマーケティング分野はアドビが作ったと言っていいと思うが、成長分野だけにライバルがどんどん増えてきている。競争は非常にいいことだが、リーダーであり続けるためには、これまでよりも早いペースでイノベーションを起こさないといけない。

■変革に必要なのは「旗」と「道」

 ――多くの企業が、変化に素早く対応したいと思いながら、なかなかできません。アドビではなぜそれが可能なのでしょうか。

 変革するにはまず、旗を立てて、そこへ道を作っていかなければいけない。アドビの場合は、将来的にどうなりたいか、どこに旗を立てるかという明確なビジョンがあり、多くの社員がアドビの「マーケティング分野に進出する」「クラウドに移行することでクリエイティブの世界を根本から変える」という、新たな目標に意欲をかき立てられた。その後われわれがやるべきことは、そこへ続く道をしっかりと作ることだ。旗を立てるのがうまい会社もあれば、道を作るのがうまい会社もある。が、大事なのは両方をきちんとやることだ。

 また、アドビが恵まれていたのは、経営陣が一丸となってこの変革に挑んできたことだ。経営陣の情熱がなければ変化を起こすことができない。同時に、アドビにはモチベーションの高い、つねにイノベーションを起こしたいと考えている社員がいる。われわれは、目標を掲げただけでなく、こうした優秀な人たちを巻き込むことができたわけだ。

 クラウドに移行することが最終的には顧客のためになるという確信があったこともある。サブスクリプション型に移行すれば、最初は収益が落ち込むことはわかっていた。だが、アドビはつねに革新的な企業でありたいと考えていたし、新たな市場を創造することも得意としてきた。容易な道のりではなかったが、経営陣と社員が一丸となって変革期を乗り越えた意義は、とても大きい。



シリコンバレー企業らしからぬ特徴



> ――ただ、多くの企業にとって業態を変えるなんてとんでもない話で、なんとか現状を維持することに固執しがちです。
>
>  はっきり言えるのは、現状維持はビジネス戦略としていいものではないということだ。特にハイテク企業が「何も起こっていないから変わる必要はない」ということであれば、それは自己否定でしかない。アドビはもともと、ポストスクリプトを開発する企業としてスタートして、その後「フォトショップ」など画像加工ソフト分野に参入した。これも大きな変化だった。そこから、PDF開発に乗り出すのも大きな変化だった。そういう意味では、アドビはつねに変革して進化してきた企業だ。
>
> ■優秀な人材がアドビを選ぶ根拠
>
>  ――変革するうえで、社員の力が大きかったということですが、いまシリコンバレーでは、能力のある技術者を採用するのは大変だと聞いています。
>
>  アドビは「働きたい会社」ランキングで、世界的につねに上位に入っている。われわれのイノベーションを重視する文化を評価して、ベストな人材がアドビを選んでくれるだけではなく、その後ここで自らを成長させながら、キャリアを重ねてくれるのではないか。
>
>  われわれには、東京も含めて非常に優良な大学生向けリクルーティングのプログラムがあり、そこから優秀な人材を探すこともやっている。インターンシップなどをやってもらうのだが、彼らはそこでアドビでの仕事が自分に合うかどうか判断できるし、われわれも彼らの能力を見極めることができる。
>
>  社員の離職率は、拠点のあるすべての国でとても低い。多くの人は、自分が貢献している、成功していると感じられるところで働きたいはずだ。アドビでは、多くの社員がそれを感じているから、これだけ業績が成長しており、「世界のトップブランド100」に選ばれるほどになっている。大事なのは、人を採用することだけではなく、その人の成長につながるキャリアを作ってあげて、ずっと働き続けてもらうことだ。
>
>  ――ハイテク業界、それも米国のハイテク業界では転職してステップアップを図るのが、キャリア的に当たり前です。そういう意味では、アドビはずいぶん珍しいですね。
>
>  アドビの場合、経営陣も10年以上在籍している人が多い。これはシリコンバレーでは驚くほど長い期間だ。私も19年アドビで働いており、つねに大きなチャンスを与えられてきたと感じている。大きなチャンスというのは、大きなインパクトを与えられる仕事であり、すばらしい仕事でもある。アドビのもうひとつの特徴は、社員の多様性が豊かで、これが独特のカルチャーにつながっていることだろう。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。