FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

錦織圭 世界の頂点立つには1センチでも前へ

錦織 世界の頂点no1



錦織圭 世界の頂点立つには1センチでも前へ



男子テニスの世界ランキング5位、錦織圭(26=日清食品)が進化の跡と課題を残し今季を終えた。

世界トップへの予感を漂わせる戦いが多かった半面、19日のATPツアー・ファイナルの準決勝で同2位ジ

ョコビッチに完敗するなど一方的な敗戦もあった。

トップを奪うには何が必要なのか。亜大教授でテニス部総監督の堀内昌一氏(56)は「さらに速攻に磨きを

」と期待を込めた。

 ◇ ◇

世界のトップ5を維持している錦織には、まだ未勝利の4大大会やマスターズ優勝への道が開けてきている。

世界ランクで決まる大会のシードで第4シードまでに入れば、これまでよりもトップ10との対戦が減る可能

性がある。


体力的に劣る錦織には追い風だ。

頂点への条件が整いつつある中、錦織はさらに進化を続ける必要がある。


より前に出る攻撃的なテニス、つまりベースラインから1センチでも2センチでも内側に入って打ち合うこと

が必須だ。

ツアー・ファイナルのマリー戦で見せたように、錦織はラリーの中で低い打点でも、高い打点でも同じ強度の

ストロークを打って対抗できる。


複数の打点で打てる、他の選手にはない技術がある。

だから、前に出て打点が高くなっても十分に対応できる。


前に出ればそれだけ相手のストロークに準備する時間を失うが、同時に相手に脅威を与えられる。

相手のリズム、タイミング、バランスを微妙に狂わす。


ストローク戦で例えば10回のラリーを8回で決着できれば体力消耗を抑えられる。

錦織のストローク戦は間違いなく世界トップ。


限界を超えて前に出るテニスは錦織にしかできない。

1~2センチの違いが、マスターズ初優勝、4大大会制覇へとつながる。


No pains, no gains(痛みなしには何も得ることができない)。

錦織が4大大会を制すことを誰も疑わないところまで来た。


好機をものにするかどうか、17年1月の全豪から試される。


◆堀内昌一(ほりうち・しょういち)1960年(昭35)2月1日、東京都出身。

日体大で83年ユニバーシアード出場。学生時代から海外での試合経験を積み練習方法やコーチングを学ぶ。

85、86年ジャパンオープン出場。

日本テニス協会公認マスターコーチ。指導者養成にも取り組んでいる。





スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。