FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

<MRJ>米西部に着陸 国産旅客機で半世紀ぶり



<MRJ>米西部に着陸 国産旅客機で半世紀ぶり



◇ワシントン州モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に

【米西部モーゼスレーク竹地広憲】国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が28日夕(日本時間29日午前)、試験飛行の拠点となるワシントン州モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に着陸した。

新型の国産旅客機が米国に飛来するのは、国産初のプロペラ機「YS11」(官民出資の日本航空機製造が開発)がデモ飛行した1966年9月以来、半世紀ぶり。

米国への移送は8月下旬に空調システムの不具合で2度中断しており、3度目で実現にこぎ着けた。

MRJは同空港の滑走路南側から着陸。駐機場に進むと、消防車による「放水アーチ」で祝福を受けた。

開発を担う三菱航空機や同空港関係者らが出迎え、タラップを下りてきたパイロットを拍手でねぎらった。

三菱航空機は、機体の安全性を認める国土交通省の「型式証明」の取得に計2500時間の試験飛行が必要と想定。

年内にもMRJの試験機5機のうち4機を米国に送り、日米で試験飛行を繰り返す。2018年半ばにMRJを全日本空輸へ初納入することを目指している。

グラント郡国際空港は晴天率が9割以上と飛行に適した条件が整っており、この日も晴天に恵まれた。

米国では、極寒環境を再現できる南部の施設などでも試験を行う。

8月の移送中断で試験開始が1カ月遅れており、安全・環境性能の実証作業を急ぐ方針だ。





<MRJ>米西部に着陸 国産旅客機で半世紀ぶり



◇ワシントン州モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に

【米西部モーゼスレーク竹地広憲】国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が28日夕(日本時間29日午前)、試験飛行の拠点となるワシントン州モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に着陸した。

新型の国産旅客機が米国に飛来するのは、国産初のプロペラ機「YS11」(官民出資の日本航空機製造が開発)がデモ飛行した1966年9月以来、半世紀ぶり。

米国への移送は8月下旬に空調システムの不具合で2度中断しており、3度目で実現にこぎ着けた。

MRJは同空港の滑走路南側から着陸。駐機場に進むと、消防車による「放水アーチ」で祝福を受けた。

開発を担う三菱航空機や同空港関係者らが出迎え、タラップを下りてきたパイロットを拍手でねぎらった。

三菱航空機は、機体の安全性を認める国土交通省の「型式証明」の取得に計2500時間の試験飛行が必要と想定。

年内にもMRJの試験機5機のうち4機を米国に送り、日米で試験飛行を繰り返す。2018年半ばにMRJを全日本空輸へ初納入することを目指している。

グラント郡国際空港は晴天率が9割以上と飛行に適した条件が整っており、この日も晴天に恵まれた。

米国では、極寒環境を再現できる南部の施設などでも試験を行う。

8月の移送中断で試験開始が1カ月遅れており、安全・環境性能の実証作業を急ぐ方針だ。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。