FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

【IT風土記】瀬戸内発 動き出した観光7県の連携、日本版DMO成功占う試金石 No2


民間資金活用する新しい挑戦



せとうちDMOは、マーケティングを担うせとうち観光推進機構と、プロダクト開発支援を行う瀬戸内ブランドコーポレーションの二本柱で構成される。

これまでのDMOは、公的資金を使っておしまいというケースが少なからずあったというが、せとうちDMOは、ファンドを活用し、投資家に対するインセンティブを提供しながら、お金の好循環を実現させていくという点が特徴的だ。

せとうち観光活性化ファンドのほかにも、独自メディア「瀬戸内Finder」を活用した情報発信や、「瀬戸内」の目指すブランドアイデンティティを体現するような商品やサービスを「瀬戸内ブランド」として登録する制度など、バックアップ体制は着々と整えられている。

観光マーケティングや地域ブランドを研究している近畿大学経営学部の高橋一夫教授は「地元の地方銀行が立ち上がり、民間のファンドによりファイナンスを行うという取り組みは、欧米のDMO先進国でもほとんど例がない」と話す。


「せとうちDMOが意識しているのは、インバウンド(訪日外国人客)に対し、瀬戸内の魅力をどうアピールするかということだ」。

せとうち観光推進機構の村橋克則事業本部長が強調するように、せとうちDMOのターゲットは海外市場である。


せとうちDMOは、2020年の瀬戸内のあるべき姿として「瀬戸内が一度ならず二度、三度と訪れてみたい場所として定着している」ことをあげる。

その瀬戸内を何度も訪れるリピーターとして期待しているのは、中国や台湾、欧米などからのインバウンドだという。


村橋事業本部長は「最初から、この地域ありきで考えたわけではない」と話す。

すでに、日本を観光した経験があり、1週間から10日間かけてじっくり観光を楽しむ旅行者が多い国や地域を調べていくと、台湾や中国、欧米などがクローズアップされてきたという。


広大で美しい景色を世界に発信



1860年に瀬戸内を訪れた著名なドイツ人地理学者、リヒトホーフェンは自著の中で、「広い区域にわたる優美な景色で、これ以上のものは世界のどこにもないであろう」と、瀬戸内の魅力をこう表現した。

グローバルレベルでの高い観光価値を持つ瀬戸内圏には、近年欧米やアジアからの来訪者が増加している。


地域資源を生かしたビジネスや、地元ならではのプログラムを盛り込んだ着地型ツーリズムが浸透しており、飛躍に向けた大きなチャンスを迎えている。

世界に比肩できる持続可能な観光地経営を目指すフロントランナーとして創設された「せとうちDMO」は、瀬戸内全体を俯瞰し、個別に存在する観光資源をひとつにまとめて瀬戸内の価値の最大化を図ることを目指す。


そのためには、瀬戸内らしさをコンセプトにしたテーマを設け、エリアを横断したマーケティングやプロダクト開発を行うことが欠かせない。

せとうちDMOは、地域の人たちや事業者と連携した「チームせとうち」をまとめあげ、瀬戸内エリアのブランド価値向上に向けて力強く漕ぎ出した。

せとうちDMOの具体的な戦略を探ると、日本が目指している地方創生のヒントが見えてきた。




スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。