FC2ブログ

欲深き人の心と、降る雪はつもるにつれて、道を失ふ! 泥舟

備忘誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

埼玉 珍客オオハクチョウ、鴻巣の水田に初めて飛来

おおはくちょうno1


埼玉 珍客オオハクチョウ、鴻巣の水田に初めて飛来



県内に飛んでくることの少ないオオハクチョウが、鴻巣市の水田へ初めて越冬

に訪れた。


市内のNPO法人などが、市名の由来となっているコウノトリがすめる環境づ

くりのために、冬も水を張ってある田んぼへ8羽が飛来。関係者らは珍客の来

訪を喜んでいる。


特集:どうぶつ新聞



旧吹上町地区の荒川の土手近くにある田んぼにやってきたのは、つがいとみら

れる白い成鳥2羽とその子どもらしき灰色の幼鳥6羽。

いつも一緒にいて、幼鳥は成鳥の後について歩く。


人が近づくと、成鳥が首を立てて顔を向け、警戒のしぐさを見せる。

県生態系保護協会によると、県内のオオハクチョウは、さいたま市緑区と川口

市にまたがる芝川第1調節池に1家族が飛来するほかは、まれにしか観察され

ない。


コハクチョウが深谷市の荒川などにたくさん飛んでくるのとは対照的だ。

鴻巣に訪れた8羽が過ごしてい…









スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

花粉シーズン2月上旬から 西日本で飛散量多め


花粉シーズン2月上旬から 西日本で飛散量多め



日本気象協会(東京)は春のスギ花粉の飛散予測をまとめた。

飛散シーズンは2月上旬に九州北部や中四国、東海の一部で始まり、
北上する。


西日本では量が多くなる見通しだ。

飛び始めの時期は全国的に例年並みで、同協会は「飛散開始と認められる前からわずかに飛び始める」として、1月から花粉対策を始めるよう勧めている。


近畿、四国、九州では、昨年夏に高温・多照など花芽が多くできる気象条件がそろったため、飛散量は例年を上回る見込み。

東北、関東は少なめで、北海道は記録的に降水量が多かったことが影響し非常に少なくなる。


北陸、東海、中国は例年並み。






  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

コウノトリ、昨年に続き産卵か 徳島・鳴門

コウノトリno1


コウノトリ、昨年に続き産卵か 徳島・鳴門



徳島県や同県鳴門市などでつくる「コウノトリ定着推進連絡協議会」は22日、市内で営巣する国の特別天然記念物・コウノトリが産卵したとみられると発表した。


昨年も同じペアが産卵したが、カラスに襲われ繁殖に失敗。


ヒナが生まれれば、兵庫県豊岡市一帯以外で野外繁殖する初のケースになる。


豊岡市生まれのオス(5歳)と隣接する朝来市生まれのメス(3歳)のペアは、2015年2月ごろから鳴門市に飛来。






今年は1月下旬に電柱に巣を作り始めた。


巣に伏せる時間が長くなったため、協議会が今月16~21日、調査を行ったところ、調査時間の半分は巣に伏せていたうえ、卵をくちばしで転がすような行動が見られたことから、兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園の専門家が産卵したと推定した。

朝日新聞デジタル









  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

「まとめサイト」停止で39億円減損…DeNAが「第二の柱」こだわる理由 「できるなら再開したい」

DeNAまとめサイト,txt


「まとめサイト」停止で39億円減損…DeNAが「第二の柱」こだわる理由 「できるなら再開したい」



運営するキュレーションサイト(まとめサイト)で無断転載などが社会問題化し、10サイトを公開停止しているIT大手・DeNAが8日、2016年度の第3四半期決算を発表しました。

キュレーションサイトの再開が現状では見通せないため、関連資産の使用価値をゼロとみなし、39億円の減損損失を計上しました。

会見で守安功社長は「当然ながらできるのであれば再開したいが、どのような形であれば可能なのか協議をしている」と説明しました。



社長が改めて陳謝

同社では、昨年12月7日までに女性向けファッションサイト「MERY」など10サイトの公開を停止しています。

守安社長は会見の冒頭で「一連の問題によりまして皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、おわび申しあげます」と陳謝しました。


再開について第三者委員会だけでなく、社内でも検討を続けていると述べ「どのような運営手法ならアウトプット(掲載内容)に責任を持てるのか、世間的に受け入れられるのか、ビジネスモデルとして成り立つのか総合的に判断したい」と話しました。


記者からはキュレーションサイトへの社会的批判が強まった今、事業が成り立たないのではと指摘も出ました。

守安社長は「まさにその点で、ユーザーに対するバリューがどう提供できるの協議している」と答えました。



「第二の柱」作りたいが…

一方で、利益の大半をゲーム事業が稼いでいる現状について「第2の柱を作りたいという思いは変わらない。

しかしキュレーションサイトがこのような状況になり、事業構成の再考が必要かもしれない」と述べました。

「第2の柱」へのこだわりは、ヒット作が出るかに業績が左右されるゲーム事業の事情があります。


ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、スマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)の失速が響いて、2016年12月期決算は、2015年12月期から2年連続の減収減益になっています。


パズドラが売上高の8割以上を占めるガンホーは、2014年12月期まで3年連続で最高益を更新しましたが、登場から5年を迎えるパズドラは人気が一巡し、月間利用者数は減少。

人気の陰りや競争激化で、純利益は2年間で5割以上減っています。


ゲーム業界、激化する主導権争い

事情はDeNAも同じです。

近年はゲーム配信の主導権を米アップルなどが握るようになり、2012年度に768億円あったDeNAの営業利益は、2015年度には198億円に減少しています。


2016年度の第3四半期(昨年10~12月)も、営業利益が前四半期比56%減の34億円にとどまりました。

事前見通しから大きく悪化しており、キュレーションサイトをめぐる減損損失が響きました。

DeNAがキュレーションサイトを巡りどのような決断をするか、正念場を迎えています。















  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

宇宙誕生の謎、有力仮説覆す 京大理学部20人卒業研究

宇宙誕生の謎、有力仮説覆すno1


宇宙誕生の謎、有力仮説覆す 京大理学部20人卒業研究




京都大理学部の4年生ら約20人が卒業研究として取り組んだ物理実験の結果に、

注目が集まっている。

宇宙の始まりとされる「ビッグバン」の理論に残る大きな課題、「宇宙リチウム問

題」に一石を投じる成果を上げたのだ。

有力とされてきた仮説を否定するもので、論文が3日、米国の物理学会誌に掲載さ

れた。


ビッグバン理論では、大爆発の直後、水素やヘリウムといった元素とともに、同じ

ように軽いリチウムも生まれたとされる。

だが、星の観測などから判明したリチウムの量は、理論上はじき出された量の3分

の1。

宇宙の謎の一つとなっている。


注目されてきたのが、元素周期表で3番のリチウムの隣にある4番のベリリウムの

性質。

ベリリウム7は電子が一つ合体するとリチウムに変わる。


理論の推定よりもリチウム以外の元素に変わる確率が高いから、実際のリチウムの

量が理論の3分の1しかないのではないか。

そんな仮説が有力視されてきた。


だが、仮説を確かめる実験は難しく、証明されていなかった。

特に「ベリリウム7と中性子がぶつかってヘリウム4が二つ生まれる反応」は難し

く、ヘリウムに変わる確率を精密に調べられずにいた。


ここに目を付けた川畑貴裕准教授ら実験グループは、不安定で扱いにくいベリリウ

ムでも、精密なデータを得られる実験手法を考え出した。

「学生に本格的な研究経験を積ませたい」と、最初にこの実験に挑ませたのは20

14年度の4年生たち。


すぐに成果が出ず、3代にわたり4年生が実験器具を改良するなどして挑戦を
続け、今年度、ようやくきれいなデータを得ることができた。

その結果わかったのは、ベリリウムがヘリウムに変わる確率は高くないこと。

4年生らは「仮説ではリチウムの不足を説明できない」と結論づけた。


朝日新聞社


富士通 WEB MART アウトレット







  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

まとめ記事、中小サイトも次々停止 記事のチェック、重い負担に

まとめ記事、中小サイトも次々停止no1


まとめ記事、中小サイトも次々停止 記事のチェック、重い負担に



根拠不明の情報が載ったり、他サイトからの無断転載が見つかったりと批判を浴びている「まとめサイト」。昨年、IT大手DeNAが運営サイトの公開を停止しま
したが、その陰で中小規模のサイトも多数公開が止まっています。

年を越した今も、多くのサイトで再開のめどがついていません。


「メンテナンス中」と記載

「只今、メンテナンス中です。ご不便をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます」

「健康医療情報まとめメディア」をうたい、約3万件の記事を掲載していた「Healthil」(http://healthil.jp/)では現在、こう表示されています。

まとめサイトが問題化した直後の昨年12月、全記事の公開を停止しました。


運営会社Candle(東京・渋谷区)は取材に対して「世間の意識の高まりを受け、記事公開を自粛しております。

今後については未定です」といいます。

同社は設立2年半後の昨年10月、ジャスダック上場企業のクルーズ(東京・港区)が12億5000万円で買収し、子会社化したことでも話題になりました。


公開停止中の「Healthil」

出典:http://healthil.jp/


「皮膚炎」の写真に疑問点

どのような記事が掲載されていたのでしょうか。ウェブアーカイブを使い、昨年2月掲載のまとめ記事「まぶたが赤いだけじゃ済まされない!色々な原因をまとめてみました!」を調べてみました。

さまざまなサイトから、写真や文章が転載されています。


その中で「アイプチやつけまのり、アイメイクの影響で接触性皮膚炎に」の項目にある、女性のまぶたが痛々しく腫れた写真が目につきました。写真の下にも「アイメイクこそが目元トラブルを起こしてしまう大きな要因」と書かれています。

「Healthil」に掲載されていた画像(加工しています)=ウェブアーカイブより

出典元として別のまとめサイトへのリンクが張ってありますが、飛び先の記事は削除されていました。

そこで画像を調べると、大手を含む複数の画像販売サイトに収録されている素材だと分かりました。

しかし、どのサイトでも説明書きは「鼻の美容整形をした後のまぶたの腫れ」とあります。

Healthilの記事とは大きく食い違っています。

Candleは、ほかにも旅行情報まとめサイト「JOYTRIP」(http://joy-trip.jp/)の公開を停止中。

同社は「今回の件を契機として、既存の全記事のチェックを含め、改めて体制強化を進めております」としています。


「JOYTRIP」も「メンテナンス中」と表示される

出典:http://joy-trip.jp/


「一件一件、記事を精査」

症状・病気カテゴリだけで約1万件の記事を掲載していた「からきゅれ」(http://www.karacure.com/)も、アクセスすると「12月29日より、全ての投稿の公開を一時停止させていただきました。復旧の目処は未定となります」と書かれています。


同サイトでは「レントゲンで肺に影があるといわれたけど、それって肺癌?」「いつもの頭痛とはちょっと違う、危険な頭痛の見分け方」といった記事が掲載されていました。

運営会社のマイピクセル(東京・千代田区)は取材に対して「現在は時間をかけ、一件一件すべての記事を精査・検証しているところです。

復旧は精査・検証の結果を以って検討いたします」としています。


公開停止中の「からきゅれ」

出典:http://www.karacure.com/


「専門家が監修」サイトも停止

「専門家が監修するヘルスケア情報サイト」をうたい、約3000件の医療情報を掲載していた「メディシル」(https://medicil.jp/)も、昨年12月から公開を停止しています。

公開停止前の「まとめ一覧」には「腱鞘炎以外にも存在する手の小指側に生じる痛みの原因」「歯並びが悪い人が知っておきたい3つの原因」といった記事が並んでいました。


サイト上では「昨今のキュレーションメディアに関して発生している問題を
踏まえ、記事内容等の再確認を行うため、全ての記事を一旦非公開にさせていただきます」と書いています。


公開停止中の「メディシル」

出典:https://medicil.jp/

運営するポート(東京・新宿区)は取材に対して「外部の医師に、執筆ガイドラインの策定や執筆・リリース可否の選定などにたずさわって頂きながら運営しておりました」と強調します。


一方で、運営体制を見直すなかで「正誤情報についての精査や適切表現かどうかなどの細部に渡るチェックについて、再度見直しが必要な部分もあった」と説明。

その作業中にまとめサイトが社会問題化したため、公開停止を決めたといいます。

今後、医療記事は精査のうえ別サイトに移し、メディシルは動画中心のサイトに衣替えするといいます。


運営再開には課題も

まとめサイトを巡っては、DeNAが医療・健康情報サイト「WELQ」をはじめ10サイトの公開を停止中。

不適切な記事掲載について第三者委員会の調査結果が出たあと、運営を再開できるか判断するとしています。


ただ、まとめサイトは大量の記事を掲載し、閲覧数を増やすことがビジネスモデルの肝。

多量の記事の質を高めることは、サイト規模を問わず大きな負担になりかね
ません。

今後、どれだけのサイトが再開できるのか、不透明な状況が続いています。



富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART










  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

センバツ優勝投手がなぜ大学進学か。智弁学園・村上の決断を肯定する。

智辯学園村上投手no1


センバツ優勝投手がなぜ大学進学か。智弁学園・村上の決断を肯定する。




プロ野球の春季キャンプが熱を帯びてきているが、高校野球のセンバツ大会も、日に日に、その開幕が近づいてきている。

 そうは言っても、あと1カ月以上もあるのだが、三寒四温、目まぐるしく陽気の寒暖を変えながら、日に日に陽射しの強さを増してくる春先の1カ月は、毎年あっという間に過ぎていってしまうように思う。

 去年はどこが優勝したんだっけ……。

 
“夏V”はわりとスッと出てくるのに、センバツの優勝校はなかなか出てこないことがある。

 去年、2016年の優勝校は、智弁学園高(奈良)であった。


エース・村上頌樹(むらかみ・しょうき)の、5試合の全47イニング669球を投げ通す大奮投に強打線が呼応して、春にしてはとても完成度の高い闘いっぷりが印象的だった。

その秋、たしかドラフトの前だったと思ったが、ある人からこんなことを訊かれた。

 

「夏の優勝投手の今井達也(作新学院高)はプロ志望届を出して、新聞でもドラフト1位候補って騒がれているのに、センバツ優勝投手の村上はどうして志望届を出さないの?」

訊かれてみると、もっともな疑問だった。
.

甲子園優勝イコールプロ、ほど単純じゃない。

村上が能力の高い投手であることは間違いなかった。


3月下旬に、10日間ほどで実戦の700球近くを投げ込めること自体、すばらしい心身のタフさだが、それ以上に、調整途上のはずのこの時期のセンバツで完封を2度繰り返せる“実戦力”の高さは、この年の高校生投手の中でも一級品の資質を持っていることを証明していた。

ならば、プロでもいいじゃないか。ならば、ドラフトも上位なのではないか。


そこが、能力の“見極め”の難しさだと思う。

甲子園の優勝投手イコールプロ。そこまで、野球も世の中も、単純じゃない。

投手には“タイプ”があり、プロに進むにも“タイミング”というものがあろう。


これは、私の経験則も含んだ話になるのだが、現実をそんなに外した話でもないので、少々耳を貸してほしい。


パワータイプは即プロ入りが適している。

投手を2つのタイプに分けて考えよう。

1つは、体が大きく、瞬発系の筋力も強く、145キロ前後のスピードが出せる“パワーピッチャータイプ”。


もう1つは、比較的小柄でも、変化球に決め球を持ち、コントロールにも長け、打者のタイミングを外すことに興味を持つ“テクニシャンタイプ”。

昨秋のドラフト1位にその名を挙げた今井達也(作新学院高)、藤平尚真(横浜高)、寺島成輝(履正社高)はパワータイプの代表みたいな快腕、剛腕であり、加えてテクニシャンタイプの要素すら兼ね備えていた。


こういう本物の逸材たちは、もちろん一刻も早くプロの世界でさらに鍛えていくべき投手たちであるが、一般的な傾向として、パワータイプの投手は、高校から即プロ入りが適していると考えている。

ブルペンを見ていれば、投手のタイプはわかる。

理由は、難しくない。


基本的に、いつも全力投球で強く、速いボールを投げ込むことを身上にしている投手たちである。

それだけに肩、ヒジに対する負担は大きく、常に故障というリスクと隣り合わせになっている。


投手としての“寿命”も比較的短く、ならば、早く活躍の場をプロに求めることは当然のことと考える。

一方の後者、つまりテクニシャンタイプは、パワーを養いつつ、持ち味の“技術”に磨きをかけるために、大学、社会人という世界でもうひと勉強することを勧めたい。


ならば、何をもって、今井達也がパワーピッチャーで、村上頌樹がテクニシャンなのか? 

それはブルペンを見ていればわかる。

昨夏の甲子園、2人の試合前の投球練習をじっと見ていた。

立ち投げの最初の2、3球、ふわっと山なりのボールを投げておいて、今井達也の次のボールが一気に140キロ級の快速球に転じたのに対して、村上頌樹は徐々に、徐々に、ボールに指をかける力を増して、5分の力も、7分の力も見せてくれてから最後に、10の快速球を見せてくれた。


パワータイプとテクニシャンはスイッチが違う。

パワーピッチャーが持っているスイッチは、おおむね“オン”と“オフ”である。

速球を武器にしてプロで奮投を見せている投手のほとんどは、投球練習でも投げるボールが一気に速くなる。創価大・田中正義(現・ソフトバンク)がそうだった。


対して、テクニシャンが持っている出力の“目盛り”は、1があり、2があり、3があり、といわゆる1刻みである。

この一種の“法則”は、私が17年間、さまざまな快腕、剛腕をこの手とミットで受けてきた結果から導いた、かなり確度の高い法則だ。


ドラフト直前、智弁学園高・村上頌樹が東洋大学に進学するという報道に接した。

英断だと思った。

彼と彼を取り囲む人たちの見識すら伝わってきた。


すばらしい逆スピンを帯びた一級品の速球の“質”は持っているものの、球速のアベレージは140キロ前後であること。

超高校級の勝負球・チェンジアップを内外、高低に配するコントロールは持っているものの、初回に走者を許し、ピンチを招きがちな立ち上がりの不安定さ。


すでにプロの域に達している部分もありながら、同時に幼さも残すピッチングを、「東都六大学」という学生野球屈指のハイレベルな世界で、時に痛い目にも遭いながらさらに高いレベルに引き上げるための4年間。

当を得た選択と、敬意を払いたい。


幼少期のエピソードで、“根っこ”がわかる。

淡路島で生まれ育ち、小学校に上がる前からお兄さんの少年野球について行っては、選手やコーチにキャッチボールをせがみ、相手が音を上げてもまだ、投げて、投げて、投げまくっていた“野球小僧”。


小学生のくせに、ストライクだと思った球をボールと判定されると、「これでどーや!」とばかり、もう1球、同じコースに投げ込んで球審の右手を上げさせていた勝負根性。

やがてはプロで奮投するはずの“根っこ”を持っているヤツだ。


自身を懸命に磨きながら、プロへ進むタイミングを計ろう。

それも野球センスだ。


せっかくの才能を、開花前に散らさないように。

今は千葉ロッテの絶対的エースの地位を獲得した石川歩。


その才能はすでにプロから認められながらも、肝心の本人が自身の野球に確信が持てず、高校、大学とプロ入りを見送って、社会人3年目に「機は熟した」と満を持してのプロ入りに踏み切ったことは、あまり知られていない。

人生はタイミングだ……とそこまで言い切れるほど、こっちも人生がわかっているわけではないが、大切にしてほしいことのトップ3には入ってくるのではないか。


地下資源と同様、“人的資源”も決して豊富とはいえないこの国のスポーツなのだから、せっかくの才能を開花させるタイミングにも心を配って、あたらあわてて開花前に散らしてしまうことのないように。

そして、もう1つ、意地悪な観察者の目から見れば、超優秀な女房役・岡澤智基がいなくなった環境でも、これまで通りのパフォーマンスが発揮できるのか。


快腕・村上頌樹が乗り越えねばならない、もう1つの意外なハードルに注目してみたいと考えている。

(「マスクの窓から野球を見れば」安倍昌彦 = 文)


















  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

グーグルが検索アルゴリズム改善を発表

グーグルが検索アルゴリズム改善を発表

 

「キュレーション」系メディアがランクダウン

Googleは2月3日、日本語検索のアルゴリズムを改善したと発表した。

アルゴリズム変更を発表することは珍しい。


背景には、昨年話題になった「低品質サイト」への対策がある。

【BuzzFeed Japan / 井指啓吾、古田大輔】


Googleは今回のアップデートで「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供す

ることよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置

く、品質の低いサイト」の順位が下がると説明している。

Googleが日本独自のアルゴリズム改善を発表するのは2012年10月以来のこと

で、極めて珍しい。


広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に対して「特別なアップデートだと言い

たいわけではなく、普段粛々と続けていることをお伝えすることが目的です

」と説明した。

その結果、「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト」が上位

に表示されるようになる、という。


背景にあるのは昨年11月に大きな話題となったDeNA運営メディアの騒動だ。

これまでもGoogleは世の中で批判の声が高まったサイトについて、アルゴリ

ズムの変更で、そういったサイトやそれと同様の特徴を持つサイトが上位表

示されないような対応をとってきた。


広報担当者は明言しなかったが、品質の低いサイトの検索順位を下げる今回

のアップデートの背景に、DeNA運営の「キュレーションメディア」が一斉に

休止しした昨年の騒動があるのは明らかだ。

ここでいう「キュレーションメディア」には、以下の2つの意味がある。


・ネット上の情報を集めて再構成した記事を掲載するメディア

・一般ユーザー含め不特定多数が書いた記事を掲載するメディア


DeNA運営の医療情報サイト「WELQ」など10メディアでは、著作権法違反の可

能性が高い記事や、正確性に欠ける記事が散見された。

しかも、それらを組織的に大量作成し、検索エンジン最適化(SEO)で

Googleの検索上位を占めることが批判の的となった。


BuzzFeed Newsは、検索エンジン最適化(SEO)の専門家で、Google検索につ

いて研究している辻正浩さんに話を聞いた。

辻さんは、2月に入ってからの検索結果の動向から「情報が薄いキュレーシ

ョンメディアおよびテキストを中心とした新興メディアをターゲットとした

アルゴリズムであることは間違いない」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010005-bfj-sci&p=2



【アウトレット】
富士通 WEB MART アウトレット






  1. [ edit ]
  2. ニュース時事
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


pubooks

プロフィール

デンちゃん

Author:デンちゃん
FC2ブログへようこそ!

楽天ランキング 売れ筋

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。